ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

オブジェクトを作成する[R言語]

作成日 2015.06.10
最終更新日 2015.06.10

概要

R言語では、オブジェクトは、データを格納するコンテナの事です。C#やVB、VBAで言うところの、コレクションと呼ばれる変数のまとまりです。

操作

RStudioを起動します。
起動アイコンをダブルクリックして、RStudioを起動します。必要であれば、更新を確認して、RStudioを更新します。
コンソールウィンドウ
左下のコンソールウィンドウの一番下の行が入力行です。ここに、キーボードで、コマンドを入力します。

オブジェクトを作成する

オブジェクトの作成
「オブジェクト名」<-「値、あるいは、ベクトル」で、オブジェクトを作成することができます。 ここでは、サイコロを想定して、オブジェクト名 diceに、1~6のベクトルを格納しています。 オブジェクト名の後に、[Enter]を入力すると、オブジェクトの内容が表示されます。

「Environment」ペイン

「Environment」ペイン
RStudioウィンドウの右上、「Environment」ペインに、作成されたオブジェクトが表示されます。

オブジェクト名に使えない文字

以下の記号

$, %, ^, *, +, -, (, ), [, ], #, !, ?, <, >, =, _

予約語

if, else, repeat, while, function, for, in, next, break, TRUE, FALSE, NULL, Inf, NaN, NA, NA_integer_, NA_real_, NA_complex_, NA_character

ls()関数

ls()関数
ls()関数を使うとすでに使用しているオブジェクト関数が確認できます。
ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system