ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

添字[R言語]

作成日 2015.06.26
最終更新日 2015.06.26

概要

R言語の、ベクトル内の各要素には、添字で取り出すことができます。

添字

添字でベクトル内のデータを取り出す

添字は、オブジェクトの後にカギカッコで囲い、番号を指定します。連続した範囲を指定する時は、「:」を使い、離れた範囲や位置を指定する時は、「c()」を使います。

参考書籍

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system