ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

文字コード[R言語]

作成日 2015.06.26
最終更新日 2015.07.13

概要

R言語で使用される文字コードは、シフトjisからUTF-8に変わっています。それほど、古くない書籍でも、Windowsでは、シフトjisとの記述があるので、 古い資産を利用する際は、注意する必要があるかもしれません。

RStudioでの、文字コードの確認の方法

Tools→Project Option

Tools→Project Option

Project Option→Code Editing

Project Option→Code Editing

UTF-8が使用されていることがわかります。

使用環境は、Windows8.1 pro 64bitです。

実際に文字コードを確認して見る

「あ」の文字コードは?

では実際に、「あ」の文字コードをcharToRaw()関数で確認してみます。

すると、CP932(シフトJISのマイクロソフト拡張版)の文字コードである、「82 a0」が得られます。ちなみにUTF-8であれば、「e3 81 82」になるはずです。

RStudioの表示では、UTF-8ですが、実際には、CP932のようです。移行期にと思われるので、いつどのように変わるかわかりません。注意しましょう。

必要がない限り、かかわらない。必要な時は、調べたうえで、確認しながら使用する必要があるようです。

RStudioでは、日本語の扱いが考慮されていないようです。コマンドの入力支援が動作すると、IMEが無効にされます。無効になったり、有効にできたりする条件はよくわかりません。 そのため、テキストエディタなどから、コピーする必要があります。それが、今回の結果に影響しているかもしれません。

参考サイト

参考書籍

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system