ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

ファクタ(factor)[R言語]

作成日 2015-08-08
最終更新日

概要

R言語で、分類情報を格納するための手段です。ファクタを作成するには、factor関数に、アトミックベクトルを渡します。 C#で用いられる列挙型と異なるのは、列挙型が、自分でその内容を用意する必要があるのに対して、 R言語でのファクタは、ベクトル内のデータを認識し、整数として符号化した後、整数ベクトルにその結果を格納します。つまり、正規化を行ってくれます。
> gender <- factor(c("male", "female", "female", "male"))
> typeof(gender)
[1] "integer"
> attributes(gender)
$levels
[1] "female" "male"  

$class
[1] "factor"

>
ファクタ

ファクタを使用すると、変数が数値に変換されているため、分類変数を統計モデルに導入するのが簡単になります。 しかし、文字列のように見えるのに、整数のようにふるまうので混乱することがあります。

「as.character」関数で、文字列に変換できます。

> as.character(gender)
[1] "male"   "female" "female" "male"  
>
「as.character」関数

参考書籍

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system