ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > R言語の基礎

データフレーム(data.frame)[R言語]

作成日 2015-08-08
最終更新日

概要

データフレームは、リストの2次元バージョンです。Excelと同じような形式でデータを格納することができます。

データフレームの個々の列には、異なる型のデータを格納できますが、同じ列の中は、全て同じデータ型である必要があります。

データフレームへデータを入力する

手作業でデータを入力した、データフレームを作成する場合は、「data.frame」関数で行います。 カンマ区切りのベクトルをいくつも渡すことができます。 「data.frame」は、個々のベクトルを新しいデータフレームの列にします。

> df <- data.frame(face = c("ace", "tow", "six"),
+ suit = c("clubs", "clubs", "clubs"), value = c(1, 2, 3))
> df
  face  suit value
1  ace clubs     1
2  tow clubs     2
3  six clubs     3
>
データフレーム

データフレームは、長さが違う列を結合できないので、個々のベクトルは同じ長さにする必要があります。(Rのリサイクリング規則で、同じ長さにすることもできます。)

データフレームは、data.frameクラスのリストになります。オブジェクトの型は、「str」関数でみることができます。

> typeof(df)
[1] "list"
> class(df)
[1] "data.frame"
> str(df)
'data.frame':  3 obs. of  3 variables:
 $ face : Factor w/ 3 levels "ace","six","tow": 1 3 2
 $ suit : Factor w/ 1 level "clubs": 1 1 1
 $ value: num  1 2 3
>

R言語は、文字列をファクタとして保存します。「data.frame」に「stringAsFactors = FALSE」引数を追加すれば、この動作を止めることができます。

> df <- data.frame(face = c("ace", "tow", "six"),
+ suit = c("clubs", "clubs", "clubs"), value = c(1, 2, 3),
+ stringsAsFactors = FALSE)

参考書籍

ページトップへ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system