RStudioのPackage設定

ベクトルドロー・レベルゼロ+

ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > RStudio > 機能

概要

RStudioを用いてR言語を使用するための方法をまとめていきます。

公式サイトR言語 (外部サイト)

公式サイトRStudio (外部サイト)

Toolsツール

メニューバー・ツールバーにある機能です。

Global Options:全体的なオプション

General:一般

保存、復元の設定

Code Editing:コード編集

エディタ設定

Appearance:外観

コードの表示と強調表示に関する設定

Pane Layout:枠の配置

作業枠の表示に関する設定

Package:パッケージ

パッケージ管理に関する設定

Package
パッケージ管理
CRANミラー
R言語には、本体と別に、多くのパッケージが公開されています。 そのパッケージの多くがCRANに登録されています。公開されたパッケージをダウンロードするために、 CRANミラーにお住まいの国のミラーサーバーを登録しておきます。 [Change]をクリックして、お住まいの国名が頭についたミラーサーバーを選択しておきます。
パッケージ枠を有効にする
HTTPのプロキシにInternet Explorerライブラリを使用します
パッケージ開発
利用できる場合、開発者ツール・パッケージ機能を使用します
パッケージを構築する前に、すべてのファイルを保存します
自動的に、エラーを構築するために、エディタを操作します
パッケージのsrcディレクトリにオブジェクトファイルを隠します
RのCMDチェックが成功した後、出力を消去します。
RのCMDチェックが失敗した後、Rcheckディレクトリを調べます。
C++ファイルを作成するとき、Rcppテンプレートを使用します

Sweave:

LaTeXとPDF出力に関する設定

Spelling:スペル

スペル辞書の設定

Git/SVN:

Rプロジェクトのバージョン管理とGitの設定

公式サイト

関連サイト

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system