ホーム > コンピュータ > テクニカルイラスト > R言語 > RStudio

RStudioを用いてR言語を使用する

概要

RStudioを用いてR言語を使用するための方法をまとめていきます。

公式サイトR言語 (外部サイト)

R言語のダウンロードとインストール

RStudioのダウンロードとインストール

初めに

使い始める時に初めに行う設定と、基本的な操作を説明します。

CRANミラーを選択します

R言語には、本体と別に、多くのパッケージが公開されています。 そのパッケージの多くがCRANに登録されています。そのため、公開されたパッケージを快適にダウンロードするために、 CRANミラーにお住まいの国のミラーサーバーを登録しておきます。 [Change]をクリックして、お住まいの国名が頭についたミラーサーバーを選択しておきます。

パッケージをインストールする

パッケージをインストールして、ロードします。

RStudioでは、インストールされているパッケージが一覧で表示されます。チェックボックスにチェックを入れる事でロードできます。

プロジェクトを作成します

RStudioには、プロジェクトという概念があります。 データ、あるいは、目的ごとにプロジェクトを作成します。 データ、あるいは、目的ごとにプロジェクトを作成します。RStudioで、何か作業を始める前には、プロジェクトを開始することになります。

右上のプロジェクトメニューから、プロジェクトを作成します。

プロジェクトメニュー
Fileメニューにも、プロジェクトを新規作成する項目があります。

R Scriptを新規作成します

R Scriptは、RStudioでのコードの編集単位です。プロジェクト内に、複数のスクリプトを入れておくことができます。

直接コンソールから入力するのと異なり、保存や読み込みが可能です。

機能

メニューバー・ツールバーにある機能を確認していきます。

使用例

理解しやすい簡単な使用例を紹介していく予定です。

R言語の基礎

参考書籍

いろいろ出版されていますが、高機能なソフトなので、どうしても必要な情報は散らばっています。 複数の本から、自分の必要な項目を拾い読みしていく必要があるかと思います。

関連サイト

ページトップへ
RStudio機能トップ
RStudioトップ
R言語トップ
Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system