中央のランドを作成します[FreeCAD:チュートリアル]

ホーム > 3D-CAD > FreeCAD> チュートリアル > ユニバーサル基板 サンハヤト228U

このチュートリアルを始める前に

FreeCAD Version 0.14, Revision 3700を用いて、モデリングしました。

モデリング対象

サンハヤト 288U

サンハヤト 288Uの図面
ユニバーサル基板のサンハヤト 288Uです。メーカーのホームページに図面の画像が公開されています。

実物の画像

サンハヤト 288U サンハヤト 288U
ランドは、片面で、反対側にシルク印刷がされています。

ランドを作成します。

ハッチングのように、形状に影響しない要素で作成してもいいと思いますが、やり方がわからないので、基板部分とは独立した構造で、0.035mmの厚さを押し出します。

立体関係を確認します

xy平面とモデルの位置関係
形状の面にスケッチすると形状が一体になってしまうので、ここでは、xy平面にスケッチします。 緑の線が、xy平面で、その上に形状が作成されているのがわかります。ランドは、xy平面の下側に作成します。

スケッチを作成します。

スケッチ
パターン複写で作成した形状は、外部形状として参照ができないので、あたらに寸法を指定する必要があります。

押し出します

押し出します。
反対側に0.035mm押し出します。

外部形状を参照します。

円弧を外部形状として参照します。
穴のスケッチを描くために円弧を外部形状として参照します。

円を描きます。

円を描きます
外部形状で参照した円弧の中心を使用して円を描きます。

タイプ貫通で、ポケットで穴を開けます。

ポケットで穴を開けます

直線状パターンで形状を複写します。

パターン配置 パターン配置
まずは、長さに、2.54、開始位置(実際は個数)に2を入れて、複写方向を確認します。

目的の数だけ配置します

直線状パターンを追加します
長さに、33.02、開始位置(実際は個数)に14を入れて確定します

色を変更します

色を変更します

移動ツールで形状をコピーできないか確認します。

移動ツール
この形状を複写したいのですが、パターン複写で作成した形状を再度パターン複写することはできません。

Draftワークベンチに移動します。

コピーしたい形状を選択し、移動ツールを選択します。コピーにチェックをいれ、GlobalXに2.54を入力し確定します。動作しません。

クローンツールでコピーします。

クローンを作成
コピーしたい形状を選択し、Draftワークベンチのクローンツールを選択します。 フューチャーツリーに出現したクローンの項目を選択します。

プロパティを操作

プロパティを変更
プロパティのPlacementを選択します。(画像は変更後の画像です)

移動距離を指定します

平行移動量を指定する
平行移動量Xに2.54mmを入力します。

完成です。

コピーできました。
コピーできました。

ここで使用するFreeCADについて

Version 0.14, Revision 3700, Date 2014/07/13

新しくインストールする際は、最新版をインストールしましょう。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system