ユニバーサル基板 サンハヤト228U

ホーム > 3D-CAD > FreeCAD > チュートリアル > ユニバーサル基板 サンハヤト228U

このチュートリアルを始める前に

FreeCAD Version 0.14, Revision 3700を用いて、モデリングしました。

概要

「ユニバーサル基板 サンハヤト228U」のモデリングに挑戦してみました。 2D-CADで十分理解できる簡単な形状ですが、 FreeCAD(v0.14)で描こうとするとかなり描きごたえがあります。 ミラー、 線形複写、 マルチ変換のチュートリアルとしてお勧めです。

モデリング対象

サンハヤト 288U

サンハヤト 288Uの図面
ユニバーサル基板のサンハヤト 288Uです。メーカーのホームページに図面の画像(外部サイト)が公開されています。

実物の画像

サンハヤト 288U サンハヤト 288U
ランドは、片面で、反対側にシルク印刷がされています。

FreeCADでモデリングします。

基板を作成し、4隅にねじ止め用の穴を開けます。

基板を作成し、4隅にねじ止め用の穴を開けます。
ミラーを使って穴を鏡像複写しています。 複写した形状は、ミラーでは、参照できないので、複写した形状は、再度、ミラーで複写することは、できません。 ここでは、使用していませんが、複数回ミラーを実行したい場合は、はじめからマルチ変換を使う必要があります。

穴を開け、配置します。

穴を開け、それを配置します。
直線状パターンマルチ変換を使用しています。

ねじ止め用の穴を避けて、穴を配置する必要があるので、どこで分割するかはよく考える必要があります。

色を変更します。

色を変更しました。紙ベークライトに見えるでしょうか。色の変換は、モデルツリー(フューチャーツリー)で、いつでも変更することができます。 ただ、モデルの表示・非表示を繰り返すと色情報が欠落することがあります。 そのため、このチュートリアルの画像の色は、簿妙に違っています。

中央のランドを作成します

中央のランドを作成します。マルチ変換では、変換後の形状をさらに変換できないので、 Draftワークベンチのクローンで形状を複写しています。 Draftワークベンチに移動すると、グリッドが表示されるのですが、そのグリッドは、どうやって非表示にするのかわからなかったのでそのままです。

周りのランドを作成します。

マルチ変換では、マルチ変換した形状を再度マルチ変換することができません。更に、今回の形状のように支持体から離れている形状では、エラーが発生して実行できません。そこでDraftワークベンチの配列で配列複写しています。

残りの丸いランドを作成します

複写、配列の使用方法が既に分かっているので、残りのランドをこまごまと追加していくだけです。今までの作業の継続ですので特に新しいことはしていません。

四角のランドを作成します

四角のランドを作成します
四角のランドを作成し、コピーして配置しています。

文字を作成します

文字を入力します
文字が鏡文字ですが、パターン面が完成しました。

ここで使用するFreeCADについて

Version 0.14, Revision 3700, Date 2014/07/13

新しくインストールする際は、最新版をインストールしましょう。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system