残りの丸いランドを作成します[FreeCAD:チュートリアル]

ホーム > 3D-CAD > FreeCAD > チュートリアル > ユニバーサル基板 サンハヤト228U

このチュートリアルを始める前に

FreeCAD Version 0.14, Revision 3700を用いて、モデリングしました。

モデリング対象

サンハヤト 288U

サンハヤト 288Uの図面
ユニバーサル基板のサンハヤト 288Uです。メーカーのホームページに図面の画像が公開されています。

実物の画像

サンハヤト 288U サンハヤト 288U
ランドは、片面で、反対側にシルク印刷がされています。

ランドを作成します。

複写、配列の使用方法が既に分かっているので、残りのランドをこまごまと追加していくだけです。今までの作業の継続ですので特に新しいことはしていません。

スケッチを平面を指定します。

スケッチ平面を指定します。
Part Desgnワークベンチで逆方向にチェックを入れxy平面にスケッチを作成します。

スケッチします

スケッチします。
同じパターンを配列複写しますので、このように新たにスケッチを作成する方法と、後で説明する、複写する方法があります。

押し出します。

0.035mm押し出します。
0.035mm押し出します。

配列複写します。

パラメータを設定します。 配列複写しました。
Draftワークベンチの配列で、配列複写します。こちらの機能の方が、Part Designワークベンチのマルチ変換で配列を作成するより制約が少ないです。

スケッチします。

スケッチします
同じく、xy平面にスケッチし、0.035mm押し出します。

配列複写します。

パラメータを変更します。
Draftワークベンチの配列で配列複写します。

配列複写できました

複写できました。

複製します。

パラメータ 複写された形状
今度は、スケッチするのではなく、形状を複写します。複写ツールで形状を複写します。 自動で複写した形状にフォーカスが移動しないので、フューチャーツリーで複写され新たに作成された形状をクリックし、 パラメータを変更し、目的の位置に配置します。

複製します。

複製する形状 パラメータ 複製された状態
同様に複製します。

配列複写します。

パラメータ 配列複写後の形状
配列複写します。下にも形状を複写しています。

複写します。

複写後の形状 パラメータ

配列複写します。

パラメータ 複写後の形状

更に、配列複写します。

パラメータ 複写後の状態

複写します。

パラメータ 複写後の状態

配列複写します。

パラメータ 複写後の形状

複写します。

複写対象 パラメータ 複写後の状態

配列複写します。

パラメータ 複写後の状態

更に、配列複写します。

パラメータ 配列複写後の形状

複写します。

パラメータ 複写後の状態

配列複写します

複写後の状態 パラメータ

複写します。

パラメータ 配置後の状態

コピーします。

パラメータ 配置後の状態

配列複写します

パラメータ 配列複写後の状態

複写します。

パラメータ コピー後の状態

配列複写します

パラメータ 配列複写後の形状

複写します。

パラメータ 複写後の形状

配列複写します

パラメータ 配列複写後の形状

配列複写します

パラメータ 配列複写後の形状

丸いランドはこれですべて作成できました。

丸いランドはこれですべて作成できました。

ここで使用するFreeCADについて

Version 0.14, Revision 3700, Date 2014/07/13

新しくインストールする際は、最新版をインストールしましょう。

Copyright (C) 2011-2016 kukekko All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際はアドレスの@は半角にしてください。 また、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません 」。
inserted by FC2 system